ハイリスクハイリターン投資の仕手株

投資参考書

新着情報

torihiki

FX

株式取引と違い、FXは為替取引である。FXは、破産するものの多さから非常にハイリスクであ…

続きを読む

種類

fx

投資とは、株式為替というのが一般的に人気であるため、それ以外のものを知らない人も多い。
しかし、種類は様々である。
例えば、マンション経営やアパート経営等というものも、投資の1つになる。
このようなタイプのものは、不動産投資と呼ばれて初心者等に非常に人気が高い。
その理由は、株式よりもリスクが低いからである。
不動産の場合、元本は土地と建物になる。
そのため、価格が下がることはあっても0になるということはほとんどない。
また、それらを担保にお金を借りる不動産担保ローンというものも存在する。
だが、株式為替の場合は元本が0どころかマイナスになってしまうこともある。
そのため、ハイリスクハイリターンと呼ばれているのである。

また、他にも銀行預金等も投資の1つである。
銀行預金は、元本が無くなるどころか下がることもほぼありえない。
そのため、元本を常に維持しておける利点がある。
しかし、銀行金利で生活をしていくというのは、余程の財産を持っていない限り非常に厳しいものとなっている。

三原則

投資というものは、ハイリスクハイリターンになる。
しかし、長期的に続けていこうとするとリスクをどうしても減らさなければならない。
そこで重要になってくるのが、分散、長期、複利になる。

分散というのは、対象を分散させることである。
つまり、1つの銘柄に全ての資産を注ぎ込むのではなく、どれが失敗しても良いように分散させることが重要なのである。
しかし、どれでも良いから分散させれば良いという訳ではない。
例えば、冷夏で育つ作物と育たない作物があったとする。
いくら分散させたとしても、冷夏で育たない作物に全て投資してしまっては意味がない。
逆の銘柄を買うことにより、リスクを分散させるのである。

長期というのは、長期間を見据えて資産運用をすることである。
統計的に見れば、短期利益を上げようとするよりも長期的な運用で利益を上げようとする方が最終利益は大きくなると言われている。
しかし、間違った手法を使うと逆に損失が大きくなってしまうため注意が必要である。

最後の複利になるが、これは長期にも関係することである。
複利と単利は、利息の計算が全く違うものとなっている。
例えば、100万円から140万円に増やす場合、単利であれば7%程度の利率が必要となる。
しかし、複利の場合はその半分程度の利率で十分となる。
そのため、長期的な資産運用は、統計的に見れば得になっていくのである。

経済活性化

kabusiki

株や為替というものは、最も経済を活性化させるものである。
何故ならば、普通の商品よりお金の動きが段違いだからである。
基本的に、普通の人間が使う金額は一度の買い物で1000円から1万円程度となる。
しかし、投資に関してはもっと大きな金額が動く。
1億円等はザラで、時には1兆ものお金が右から左へと動いていく。
そのため、経済的に見ると非常に必要なものなのである。

ホットトピック

torihiki

FX

株式取引と違い、FXは為替取引である。FXは、破産するものの…

tousi

ハイリスク

株式は、基本的にはハイリスクのものである。しかし、その中でも…

データ

外国為替証拠金取引

FXとは、外国為替証拠金取引の通称で、外国の通貨を売買するこ…

カテゴリー